ハイサイ! ウチナー! 7月号の「琉球古道を歩く」は名護市から瀬底島へ歩きます。

2020.07.04 Saturday

0

    「表紙は名護市長」

     

    7月5日は名護の日ということで表紙は名護市関係者

     

    琉球古道を歩くも合わせて名護グスクからスタートしました。

     

    名護から名護湾沿いのバイパスを通って瀬底島まで。

     

    「バワースポットが多い名護周辺」

     

    歩いてみたら気がつきました。

     

    意外とパワースポットと呼ばれる人気拝所や御嶽があるのです。

     

    各地からやってくる無人のお寺もありました。

     

    「ヤンバルの風景のなかを歩く」

     

    名護といえばヤンバルへの玄関口といえる街です。

     

    ヤンバルの森も魅力があるのですが、

     

    今回歩いたのは名護湾沿いのバイパス。

     

    やはり海の魅力も捨てがたいですね。

     

    バイパスから海を眺めて歩けば気分も爽快。

     

    今度は名護から山越えで本部へ歩いてみたいですね。

    沖縄に行くならこの最強のビーチガイドをみて損はない。

    2020.07.03 Friday

    0

       

      「ビーチガイドの表紙は久高島のビーチ」

       

       

      沖縄ビーチ大全505(マガジンハウス刊)の中から

       

      おすすめビーチをエリア別に76ビーチ選んでいます。

       

      この一冊があればビーチ選びに迷うことはないでしょう。

       

      この夏沖縄ビーチを目指す方には必読の一冊

       

      厳選 極上 沖縄ビーチ76

      ハイサイ! ウチナー!で連載中の「琉球古道を歩く」が電子書籍になりました。

      2020.07.01 Wednesday

      0

        JUGEMテーマ:写真

        「表紙は中城グスク城門」

         

        昨年4月から連載を始めた「琉球古道を歩く」が

         

        好評につき加筆し、写真を増やして単行本になりました。

         

        首里城を起点にして東西南北に延びる「宿道」がメインテーマ。

         

        自然の中に埋もれた琉球王国の遺跡や配所、パワースポットを

         

        のぐり歩き体験を伝えています。

         

        沖縄好きの方、これから沖縄に旅する方などに是非読んでいただきたい一冊です。

         

        知られざる琉球王国の一部に触れることが出来るかも知れません。

         

        興味のある方は是非下記にアクセスしてみてください。

         

        Kindle版「琉球古道を歩く」

        5/18(土)、19(日)開催のOKINAWAまつりに参加します。

        2019.04.27 Saturday

        0

          JUGEMテーマ:日記・一般

           

           今年も5/18(土),19(日)に行われるOKINAWAまつりに参加いたします。

           

          宮里英克さんの協力で三線教室開いたり、本を売ったり、写真展示したり、

           

          ついでにビール飲んで酔ったりしていますのでお時間のある方は是非遊びに来てください。

           

           

          ハイサイ!ウチナータイム五月号

           

           

          今月号の表紙は美人唄者の上間綾乃さん。OKINAWAまつりにも出演されるそうです。

          それからフリーペーパー、ウチナータイムに「琉球古道」の連載第二回目が掲載されています。
           

          今回は首里城から浦添グスクへの道を歩いています。こちらも見かけたら是非読んで見てください。

           

           

          FMおだわらのハイサイ!ウチナータイムで沖縄ビーチと琉球古道の話をしてきました。

          2016.05.27 Friday

          0
            ウチナータイム.jpg
            「収録は終了」

            小田原市にある小さなFM局が

            なぜか「ハイサイ!ウチナータイム」という

            レギュラー番組をやっている。

            毎回沖縄の話題を取り上げて紹介しているという。

            番組は沖縄が好きというだけで続けているらしい。

            今回僕がゲストで出たのは第213回というからビックリ。

            しかもゲストも司会もパーソナリティもギャラなし。

            本当に沖縄好きなんだな。

            恐れ入りました。

            さて、僕はマガジンハウスから出版した

            「沖縄ビーチ大全505」

            の中から選んだ絶景ビーチの話や

            河出書房新社から出版した


            「琉球古道」

            の話をパーソナリティーの宮里英克さんと

            たくさんしてきましたよ。

            オンエアは六月一日ですが、

            スマホやPCでも聞けるということで、

            興味のある方は下記の方法で是非視聴してみてください。

             

            ハイサイ!ウチナータイム!19時より放送。お聞き逃しなく!

              ☆ラジオの聞き方☆ 

            〜インターネットで全国で聴けます♪〜

            1,FMおだわら78.7Mhzのホームページから
             http://fm-odawara.com/

            2,インターネットラジオ「Simul Radio」でも聴けます。
             http://www.simulradio.jp/

            3,スマホで簡単に聴けます!
             Android…サイマルラジオ for Android
             iPhone …コミュニティFM for iPhone 
             オススメは tunein radio

              ☆メッセージの送り方☆ 

            1,FMおだわら78.7Mhzのホームページから
            メッセージを送るというバナーがありますので、そこから。(^o^)/

             http://fm-odawara.com/

            2,FMおだわらにメールで送る。
            番組のタイトルも入れてくださいね♪

             fmo@fm-odawara.com

            ちなみに収録が終わった後の小田原駅前の居酒屋が楽しかった。

            また機会があれば読んでいただきたい番組でした。

            豊見城市役所手前で撮影した2015年の那覇マラソンランナー達の風景

            2015.12.15 Tuesday

            0
              那覇マラソン175.JPG
              「バスケの怪人アラワル」

              目立ってました。

              さて、いつもの34km地点で、

              シューマイを振る舞いながらの応援も

              今年でもう20年近く続けていることになった。

              こうなると顔見知りのランナーも出てくるので、

              「いつもありがとう」

              の声がかかるようになってくる。

              那覇マラソン003.JPG
              「シューマイ準備中」

              それがまたうれしいので、

              準備も気合いが入るのだけれど、

              今年は助っ人応援の人出が多かったので、

              悪天候だったけど、

              いつもの年より手際が良かったな。

              那覇マラソン012.JPG
              「34km地点のオールスタッフ」

              皆様お疲れさまでした。

              一時雨が強くなった時は大変だったけれど、

              12時からシューマイを配り始め

              14時まえに1200個が無くなりました。

              早く通過しても食べられない、

              遅いと無くなってしまうという

              シューマイだ。

              見つからないよ、

              というランナーもいたので、

              下に豊見城市役所と応援ポイントの

              写真を入れておきましょう。

              那覇マラソン006.JPG
              「こんな風に見えるはず」

              市役所の先にある信号が最後の関門だ。

              ここを二時十分までに通過しないと、

              リタイアなのだ。

              だから二時過ぎたらのんびりシューマイ食べていられない訳だね。

              那覇マラソン056.JPG
              「マリオですか?」


              那覇マラソン086.JPG
              「スパムもいた」

              那覇マラソン108.JPG
              「OTVの取材もきた」

              那覇マラソン072.JPG
              「笑顔で駆け抜けて行くランナーも」

              最後に今年の一位になったランナーの写真です。

              那覇マラソン024.JPG
              「断トツでした」

              後ろのランナーはだいぶ離れていましたね。

              余裕で34km地点を駆け抜けて行きました。

              マラソンとは不思議なスポーツです。

              練習の賜物なんでしょうけれど、

              いつもマラソンランナーは凄いと思っていますよ。


              那覇の路地裏がとても魅力的なので写真を撮り歩いてみたら貴重な場所だとわかってきた。

              2015.04.03 Friday

              0
                IMG_0934.jpg
                「旧オーパの裏へ1」

                IMG_0941.jpg
                「旧オーパの裏へ2」

                写真だと行き止まりのように見えるけれど、


                ずっと細い道が続いていて、


                古い大きなお墓へ出る。


                その先は国際通りへ続いているのだ。


                観光客には絶対わからない路地裏の入り口は、


                黄泉の世界へ繋がる入り口でもあった。


                IMG_0908.jpg
                「壺屋の路地裏1」

                IMG_0733.jpg
                「牧志の路地裏1」


                行きつけのバーがあった路地。


                再開発で消えてしまったが、


                かろうじて残っている店もある。


                ほとんどの店には名物オバァがいて、


                常連の客を相手に営業している。


                かつては青線だった場所だが、


                いまでは老人クラブのような夜の憩いの場所になっていた。


                IMG_0826.jpg
                「安里栄町市場」

                IMG_0852.jpg
                「安里1」

                IMG_0844.jpg
                「安里2」


                安里の栄町市場は


                まるで迷宮のような路地である。


                いろんな商店がゴチャゴチャと営業しているから


                眺めて歩いていても退屈しない。


                まぁ店の人にとっては


                冷やかしの客は迷惑に違いないから


                永いこと邪魔することはできない。


                ひめゆり同窓会の看板からわかるように


                ここはひめゆり部隊を構成した


                沖縄県立第一高等女学校が近くにあった。


                この市場に買い物にきた生徒も多かっただろう。



                15年前に期限の切れたポラカラー809での撮影パート2

                2015.03.13 Friday

                0
                  DIK043s.jpg
                  「Lily」


                  さすがに15年前のフィルムなので、


                  ISO感度、カラーバランスはあてにならない。


                  でもそれがかえって面白い。


                  デジタルだと綺麗に写るし、


                  失敗もないから撮影する時の緊張感がなくなっている。



                  DIK044s.jpg
                  「窓際のバラ」


                  それが良くも悪くもデジタル写真なのだから、


                  撮影する者にとっては、


                  自分の思いをそこに込めて撮る以外ない。


                  失敗写真なんて見せられないという恐怖みたいなものが、


                  僕らフォトグラファーにはあるけれど、


                  このポラロイドは初めから失敗しているようなものだから


                  実に自由に撮影ができた。


                  ダメだと思っていたものが、


                  こんなに面白い写真が撮れるとは意外だった。


                  DIK041s.jpg
                  「ガラスの中の薔薇」


                  まぁ、何はともあれ


                  これらの写真を展示して見てもらいたいので、


                  早く会場を決めたいものだ。


                  熊谷聖司さんの写真もとても美しい。


                  フィルムのロット番号や保存管理で発色も違うから


                  二人の写真を並べるとまた違う発見がある。









                  NAHAマラソンにエントリーしたが、いやはや人気が凄かった。

                  2013.08.06 Tuesday

                  0
                    マラソン.jpg


                    二年前は一週間で締め切られていたマラソンのエントリー、



                    今年はなんと8時間半で予定数に届いてしまった。



                    去年は一日半で締め切られていたから



                    ある程度予想していたけど、



                    マラソン人気は高まる一方だ。





                    さて、9時に始まったネット受付は



                    始めなかなか繋がらず



                    パソコンの前でイラッとするが、



                    幸運にも5分後にエントリー開始の画面に。



                    そこからはちょっと時間がかかったけれど、



                    わりとスムーズにエントリーが終わった。



                    しかし、仲間のランナーからは



                    ネット繋がらないとの悲鳴が・・・



                    40分、一時間は当たり前、


                    それでもエントリー完了出来た人は幸運だ。



                    会社から自宅に戻って


                    エントリーしようとした人は



                    全員アウトでした。


                    さて、来年はどうなるかな。


                    ちょっと楽しみではある。







                    RYUKYU HEALING MUSICはこれでしょう。

                    2013.07.30 Tuesday

                    0




                       暑い夏を乗り切る



                      良い方法は






                      これに限る!!