ニンニクと味噌汁の相性は?

2007.09.25 Tuesday

0
    「食堂ちえの味噌汁定食」
    「美味しい味噌汁あるから食べに行こうねぇ」と北部住宅サービスの仲里社長に誘われて食べに行ったのが、本部の伊豆味にある「ちえ食堂」だった。知ってる方も多いと思うが、沖縄の味噌汁は具沢山でそれだけでおかずになる。ちえ食堂の味噌汁はレタスがたくさん入っているのが特徴で、他にブタ肉や豆腐が豊富にはいり、底の方には卵が恥ずかしそうに沈んでいる。この卵を残ったご飯にかけ、ちょっと醤油をたらして食べるのが僕のやり方だ。これで完璧な味噌汁ワールドに浸れるのである。ジュルジュル


      「食堂ちえ入り口」
     ところで、このちえ食堂にはもう一つ大きな特徴があった。テーブルの上にニンニクをすりおろした瓶が必ず置いてある。これは、味噌汁にニンニクを入れるためなのだ。仲里社長がおもむろに瓶をつかんで味噌汁にニンニクを入れ始めた時はびっくりした。しかし、郷に行ったら郷に従えである。ぼくも真似して入れてみた。なんとこれがあうのだ。
    しかも病み付きになりそうなほど美味いのである。これは、B級グルメファンなら試してみても良いと思うよ。


    「混雑する店内」
     ちえ食堂の営業時間は11時半から4時までだそうで、12時前にはいつも常連客で満杯になるらしい。昼時を外せば比較的に空いているようだから観光客でも入れる。でも観光客はほとんどいない。みんな近くにある山原そばの方に行くからね。なんで山原そばに観光客が群がるのか分からない、いつも人が並んでいるけどねぇ。味が濃いからラーメンに近い感覚で食べられるので人気なのかな。そういえば名護の我部祖河そばもアジクータで濃い味付けだから、北部のそばは味が濃いのだろうか。でも岸本食堂はサッパリ系なので、地域で味の違いはそんなに無いのかも知れない。誰か詳しい人がいたら教えてください。ちょっと興味あります。パクッ
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    山原そば やんばるそば、地元で賑わうお店です。もちろん観光客も行列に呼び寄せられるように足を運びます。
    • 沖縄!シーサー陶芸体験工房 琉球窯
    • 2007/12/05 10:02 AM
    この記事のトラックバックURL