これが噂の佐世保バーガー

2008.02.23 Saturday

0
    JUGEMテーマ:日記・一般

     
    「逆さまに出てくるバーガー」

     昨年10月に佐世保でコラボレーション展を開催したおりに、主催者のMさんに連れられて佐世保の夜の町に遊びに行くことになった。九州は魚が美味しいので、みんなスタッフは楽しみにしていたのてある。地元でも評判の割烹に入ると、東京の店では時々あるのだが、魚の嫌な匂いを感じない。さすが海の側だけに、新鮮な魚が手に入るのだろう。期待は高まる。


     テーブルの上は期待を裏切らない魚料理が並び、みんな大満足。その席で話題になったのが、いま流行の佐世保バーガーである。お腹は一杯だが、食べに行こうと盛り上がり、ゾロゾロと佐世保の商店街を歩き始めた。酔いも手伝い、みんな上機嫌でブルースカイという佐世保バーガーの老舗にたどり着いたのである。僕は二度目だが、他のアーティストたちは初めてだった。


     5人も入ったら満席になりそうな小さな店だが、酔客相手に夜だけ営業している。まるで想像していたのと違う店なのでみんな驚いていたが、出されたバーガーを見てもっと驚いた。逆さまに出されるからだ。これは、両手で持って食べやすいようにと、先代のご主人が考案した出し方なのだそうだ。つまり、親指を上にしたまま両手でつかみ、そのまま腕を曲げればバーガーを持ち替えなくても食べられる。得意げに説明していた僕だが、ハンバーガーのタレを服にこぼしてしまい、巧く食べられなかった。バーガーを上手に食べられるようになるまでには、まだまだトレーニングが必要なようだ。パクッ

    スポンサーサイト

    2020.05.06 Wednesday

    0
      コメント
      コメントする
      トラックバック
      この記事のトラックバックURL