ニューヨークのPS1で始まるアートブックフェアにzineが間に合った。

2019.09.14 Saturday

0

    ZINEのタイトルは「1992 BRAZIL UBATUBA」

     

    クリントンがアメリカの大統領になった年

     

    サンパウロの知人を訪ねた時に撮影した作品を初めてまとめてみました。

     

    ちょうどカーニバルの季節で街は賑やかだったけど、

     

    知人は静かな海辺の村に行こうと誘ってくれたのが「UBATUBA」

     

    ブラジルはひどいインフレで苦しんでいたのに

     

    自然の中でのんびり暮らす人たちに出会い、

     

    色々なブラジルの話が聞けた思い出がある。

     

    出会った人、それぞれのリアルな生き方を写真にした。

     

    「浜辺の少年」

     

     

    「パイン売りの青年」

     

    「サーファー」

     

     

    「砂遊びする少年と母親たち」

     

    「村の中の椰子の木」

     

    スポンサーサイト

    2020.02.18 Tuesday

    0
      コメント
      コメントする
      トラックバック
      この記事のトラックバックURL