ウチナータイムの琉球古道、連載8回目は「真珠道」を歩きます。

2019.10.30 Wednesday

0

    「表紙はBIGIN」

     

    今回は首里城を起点にした「真珠道」を歩きます。

     

    真珠道と書いて「まだまみち」と読みます。

     

    しかし話していると「まだんみち」と聞こえるので

     

    僕も「まだんみち」と呼ぶことにしています。

     

    途中までは石畳で整備された琉球王朝当時の「軍用道路」とのこと。

     

    歩いてみると那覇の開発で新しい道ができたため、

     

    途中からどこが本来の道か分からなくなり、

     

    迷いながら三重グスクへ。

     

     

    「まだ琉球の残る那覇市内」

     

    説明されないと分からないけれど、

     

    那覇港の両岸に倭寇対策で大砲が装備されていたとは驚きでした。

     

     

    スポンサーサイト

    2020.05.06 Wednesday

    0
      コメント
      コメントする
      トラックバック
      この記事のトラックバックURL