「琉球という国があった」は首里城再建の寄付金付きで再販されます。

2019.12.19 Thursday

0

    「表紙は龍譚池から首里城を望む」

     

    以前「たくさんの不思議」シリーズから出版された「琉球という国があった」が

     

    ハードカバーに装いを変えて再販されることになりました。


    それも販売価格の5%が首里城再建のために

     

    首里城基金へ寄付されます。

     

    出版当時からわかりやすい琉球王国の解説が好評だった一冊で、

     

    再販を望む声が多数ありました。

     

    内容は写真やイラストをたくさん使っているので

     

    当時の王国の庶民の生活や歴史・外交など

     

    上里隆史さんの軽妙な文章とともに生き生きと描写されて

     

    沖縄の歴史入門書としても必読の一冊です。

     

    発売は2020年2月上旬予定です。

     

    スポンサーサイト

    2020.02.18 Tuesday

    0
      コメント
      コメントする
      トラックバック
      この記事のトラックバックURL