福音館書店から首里城再建寄付金つきの本が出版されました。

2020.02.15 Saturday

0

     

     

    「表紙は龍譚池から望むありしの首里城」

     

    数年前に福音館書店「たくさんの不思議」シリーズから発売された

     

    「琉球という国があった」が単行本として再発売されました。

     

    価格の5%が首里城再建のための寄付金として

     

    沖縄美ら島財団首里城基金へ寄付されます。

     

    上里隆史さんの分かりやすい琉球の話が大好評で

     

    再刊の要望の寄せられていた本でしたから

     

    このタイミングで出版されたのも沖縄と不思議な縁があるのかも知れません。

     

    「燃える首里城」

                                                       ​©️小倉英三郎

     

    たまたま首里に住む友人が火災当日に

     

    表紙の写真とほぼ同じ位置から首里城を撮影していました。

     

    燃え上がる首里城からあがる煙は

     

    まるで暴れる龍のように見えます。

     

    首里城の焼失はこれで5回目になるそうですが

     

    早い再建が実現することを祈りたいですね。

     

     

    スポンサーサイト

    2020.02.18 Tuesday

    0
      コメント
      コメントする