琉球古道web写真展 47枚目は本部町瀬底島「瀬底土帝君」です。

2020.09.15 Tuesday

0

     

    「土帝君近くに咲いていた枯花」

     

     

    綺麗なビーチが人気になっている瀬底島にも

     

    琉球王国時代の遺跡が残っていました。

     

    それが「瀬底土帝君」です。

     

    セソコトーティークンと読みます。

     

    土帝君とは中国の土地神様のことだそうです。

     

    沖縄各地にあったそうで瀬底のものが最大級、

     

    土帝君信仰の建造物として代表的なものになるらしい。

     

    1997年に国の重要文化財に指定されています。

     

    しかしながら瀬底島にきたらビーチです。

     

    この日はビーチで一晩過ごし、

     

    早朝のビーチを撮影しようと考えていました。

     

    ビーチ近くの林に入り寝床を作っていたら、

     

    写真の植物が目に入ったのです。

     

    土帝君とは関係ありませんが、

     

    琉球王朝のイメージと重なってしまい、

     

    シャッターを押しました。

     

     

     

     

    フリーペーパー、ハイサイ!ウチナー! で好評連載中

    琉球王国の遺跡を巡る体験記「琉球古道を歩く」が電子書籍になりました。

    歩いた道はMAPでわかります。

     

    スポンサーサイト

    2020.09.18 Friday

    0
      コメント
      コメントする