OKINAWAまつり in 代々木公園で三人の写真家が参加、で写真展やります。

2015.04.27 Monday

0
    写真家フォトぶろぐ.jpg
    「打ち合わせはビールから」

    5月9日(土)、10日(日)に代々木公園で開催されるイベント


    今年で第4回目を迎えるそうです。

    で、去年は14万人もの人が集まった。

    今年の予想は18万人の大観衆が来そうだとみんな話している。

    沖縄インディーズバンドが

    大挙して代々木にやってくるので、

    毎年楽しみにしている人もたくさんいるけど、

    今年は僕たち三人の写真家は写真展テントを用意して

    それぞれが独自の視点で撮った東京や沖縄の風景を

    モニターに映し出してみなさんに楽しんでもらおう、

    という試みをすることになったのです。

    いつもはプリントでの作品が主ですが、

    初めてのことなのでちょっと楽しみなのです。

    写真家三人「富山義則、熊谷聖司、airi.」で行う写真展のタイトルは

    「FIND IT, GO THERE」-風景を見つけに行こう-

    になりました。

    音楽も写真展もみんな無料ですから、

    連休明けでも気軽に遊べますね。

    ぜひみなさん遊びに来てください。

    那覇の路地裏がとても魅力的なので写真を撮り歩いてみたら貴重な場所だとわかってきた。

    2015.04.03 Friday

    0
      IMG_0934.jpg
      「旧オーパの裏へ1」

      IMG_0941.jpg
      「旧オーパの裏へ2」

      写真だと行き止まりのように見えるけれど、


      ずっと細い道が続いていて、


      古い大きなお墓へ出る。


      その先は国際通りへ続いているのだ。


      観光客には絶対わからない路地裏の入り口は、


      黄泉の世界へ繋がる入り口でもあった。


      IMG_0908.jpg
      「壺屋の路地裏1」

      IMG_0733.jpg
      「牧志の路地裏1」


      行きつけのバーがあった路地。


      再開発で消えてしまったが、


      かろうじて残っている店もある。


      ほとんどの店には名物オバァがいて、


      常連の客を相手に営業している。


      かつては青線だった場所だが、


      いまでは老人クラブのような夜の憩いの場所になっていた。


      IMG_0826.jpg
      「安里栄町市場」

      IMG_0852.jpg
      「安里1」

      IMG_0844.jpg
      「安里2」


      安里の栄町市場は


      まるで迷宮のような路地である。


      いろんな商店がゴチャゴチャと営業しているから


      眺めて歩いていても退屈しない。


      まぁ店の人にとっては


      冷やかしの客は迷惑に違いないから


      永いこと邪魔することはできない。


      ひめゆり同窓会の看板からわかるように


      ここはひめゆり部隊を構成した


      沖縄県立第一高等女学校が近くにあった。


      この市場に買い物にきた生徒も多かっただろう。



      戦前に作られたRolleicordと期限切れのプロビアで撮影したらこうなった。

      2015.03.28 Saturday

      0
        _MG_9532.JPG
        「桜」


        唐津の妻の実家で見つかった戦前に義父が使っていたという


        「Rolleicord」


        いつか撮影してみたいと思いながら


        カメラバッグの中に忘れられていた。


        たまたま部屋を整理していたらフジのプロビアが出てきた。


        ペテルスブルグへ撮影に行った時のもので、


        余ったのでそのままになっていたんだ。


        「古いカメラと期限切れフィルム」


        ピッタリイメージがあったので、


        早速日比谷公園に出かけて撮影してみた。


        「Rolleicord」


        二眼レフなので上から覗き込むようにした撮影する。


        今のデジタルとは違い、


        なんかアナログの感覚は新鮮だ。


        ポラロイドの時にも感じたけどアナログは良いもんだね。


        さてカメラはレンズはCarlzeiss Triotar75mm f4.5


        シャッターはCompar


        古いわりにどちらも問題なく使えた。


        _MG_9537.JPG
        「日比谷公園1」


        しかし初めて使ったカメラなので、


        フィルムの送りやカウントが分からないため、


        装填時にとまどった。


        またカメラの底の赤い覗き窓がちょっと不安である。


        案の定上の写真のようにこの覗き窓からの光でかぶった。


        モノクロームフィルムなら大丈夫だと思うが、


        当時はまだカラーフィルムが一般的ではなかったので、


        この覗き窓が使われていたのだろう。


        次の撮影時にはこれを塞がなければならない。


        _MG_9536.JPG
        「日比谷公園2」


        _MG_9538.JPG
        「日比谷公園3」


        フィルムは10年以上の保管期間を過ぎても


        思っていた以上に写るものだと感心した。


        さすがに富士フィルムの技術は素晴らしい。


        露出はメーターできちん測って撮影した。


        コントラストがなくなったり、


        実効感度が少し高い気はするが、


        これは仕方がない。


        実はもっとダメダメになっていると想像していたので


        意外な結果でちょっとがっかり。






        製造されていないポラロイドフィルムはもう手に入らないのだろうか?

        2015.03.25 Wednesday

        0
          DIK025s.jpg
          「A Bottle by the Window」


          期限切れのポラロイドフィルムの撮影が楽しくて仕方がない。


          調子に乗って撮影していたら、


          最後の1カートンになってしまった。


          DIK012s.jpg

          「The Sunlight from the Window」


          120枚ほど残っていたpolacoior809を


          熊谷聖司さんと半分ずつに分けて


          それぞれ撮影しているのだけれど、


          熊谷さんはすでに撮り終わっている。


          やはり楽しかったようで、


          彼の詩的な表現にピッタリ合った作品に仕上がっていた。


          DIK013s.jpg

          「The Plants」


          僕の持分もあと5枚ほどだが、


          最後のフィルムは熊谷さんとの二人展のときに


          希望者を募ってこのポラカラーで


          ポートレイトをとってみたいと考えている。


          おそらく世界最後のポラカラー809によるポートレイトになるかも。






          期限切れPolacolor809シリーズ、Part 3

          2015.03.21 Saturday

          0
            DIK040s.jpg
            「Painted Eggs」


            期限切れでどう写るか分からないホラロイドフィルム、


            撮影に慣れるまで時間はかかったが、


            ここのところ順調に撮影が進んで、


            熊谷聖司さんとの二人展に向けての作品も揃ってきた。


            DIK038s.jpg
            「Night Flower 1」


            8×10サイズのカメラでの撮影なので、


            三脚を立てて、


            構図を決め、ピントを確認、


            レンズシャッターで絞りとスピードをきめてと


            一枚撮るまでの手順がデジタルとは大違いだ。


            DIK037s.jpg
            「Night Flower 2」


            でも時間がかかるからこそ楽しい。


            デジタルで簡単になった撮影だが、


            簡単すぎてついつい撮り過ぎてしまう。


            一枚の重みがなくなった、と感じることも多い。


            8×10カメラで撮影していると


            写真ってこれなんだ、と思えてくるのだな。



            常磐線水戸駅で見つけた納豆そばを食べてみた。

            2015.03.19 Thursday

            0
              11082594_1367082479992233_4089643691950217032_n.jpg

              「これが噂の納豆そば」


              水戸駅のホームにある立ち食いそば店に


              フラッと吸い寄せられるように入ってしまった。


              11時半だったので


              店は混んではいなかった。


              カウンターで大学生らしき若者一人が蕎麦たぐっていた。


              だが食べている蕎麦を見て驚いた。


              納豆がのっている。


              はたして納豆は蕎麦にマッチするのか?


              興味津々だ。


              早速、自販機で「納豆そば」380円なりのチケットを購入。


              さぁーチャレンジだ。


              そばつゆはかなり甘め、


              麺はよくある立ち食いそば店と同じで全く普通。


              そばと細いうどんの中間のような食感だった。


              さて肝心の納豆ですが、


              ぼくはご飯と一緒に食べたかった。


              そばにのせるという攻める心意気のメニューだと思うが、


              もう一工夫が欲しかった。


              ザ・ン・ネ・ン!





              今年も 播磨坂での桜まつりの時期がもうすぐやってくる。

              2015.03.16 Monday

              0
                DSC_0117.jpg
                「準備は着々と」


                なかなか春を感じられず、


                部屋から外に出るのもなんだかなぁ、と思っていたが、


                播磨坂の中程に開店したスターフルーツへ


                大根を買いに行ったら


                播磨坂は桜まつりの準備中だった。


                もうすぐ春なんだな。一年経つのは早い。


                DSC_0118.jpg
                「もうすぐ春だけど」


                とはいえ、桜の木はまだ殺風景だ。


                ベンチに腰掛けて読書中の女性もコートは脱げない。


                あと二週間もすれば、


                昼休みなどここは人でいっぱいになるだろう。


                日本の冬から春への季節の変化は、


                他の季節より感動が大きいよ。


                桜が大好きだからね。。


                DSC_0119.jpg
                「蕾は硬い」


                さて、桜の小枝に近づいて


                蕾を眺めてみたら


                まだまだ先のようだ。


                開花予想は何日なんだろう。


                今年も桜の花見がたのしみだ。






                15年前に期限の切れたポラカラー809での撮影パート2

                2015.03.13 Friday

                0
                  DIK043s.jpg
                  「Lily」


                  さすがに15年前のフィルムなので、


                  ISO感度、カラーバランスはあてにならない。


                  でもそれがかえって面白い。


                  デジタルだと綺麗に写るし、


                  失敗もないから撮影する時の緊張感がなくなっている。



                  DIK044s.jpg
                  「窓際のバラ」


                  それが良くも悪くもデジタル写真なのだから、


                  撮影する者にとっては、


                  自分の思いをそこに込めて撮る以外ない。


                  失敗写真なんて見せられないという恐怖みたいなものが、


                  僕らフォトグラファーにはあるけれど、


                  このポラロイドは初めから失敗しているようなものだから


                  実に自由に撮影ができた。


                  ダメだと思っていたものが、


                  こんなに面白い写真が撮れるとは意外だった。


                  DIK041s.jpg
                  「ガラスの中の薔薇」


                  まぁ、何はともあれ


                  これらの写真を展示して見てもらいたいので、


                  早く会場を決めたいものだ。


                  熊谷聖司さんの写真もとても美しい。


                  フィルムのロット番号や保存管理で発色も違うから


                  二人の写真を並べるとまた違う発見がある。









                  15年前に期限切れのポラロイドフィルムで写真を撮ったらこうなった。

                  2015.03.09 Monday

                  0
                    JUGEMテーマ:写真DIK036s.jpg
                    「Flower1」


                    2001年の11月までが有効期限だった


                    「Polacolor809」フィルムが


                    部屋の片隅に隠れていました。


                    なんとその枚数が120枚もあったのだ。


                    遠い昔にポラロイド社からギャラの代わりにいただいたもの。


                    8×10サイズのフィルムなので、


                    そのうち仕事で使うつもりだったのだが、


                    いつの間にかデジタル時代になってすっかり忘れていた。



                    DIK035s.jpg

                    「冬の朝日」


                    それが今になってなぜ撮影しているのかというと、


                    熊谷聖司氏とこのフィルムを使って


                    二人展を企画しているからだ。


                    一昨年から撮り始めて、


                    ようやく終りが見えてきた。


                    まだ会場やタイトルなどは決まっていないが、


                    今年の楽しみはこの写真展になった。


                    DIK027s.jpg

                    「妻の手」


                    熊谷さんの写真はとても詩的な美しいもの。


                    いつもは沖縄の海を歩いて撮影していたので、


                    今回は東京の自宅が建て替えられるかもしれないことから


                    自宅の思い出をテーマにして撮影した。


                    30年以上住んでいたマンションはボロボロだけど、


                    いろんなものに記憶がありすぎて


                    写真を並べていたらまとまりが付かなくなってしまった。


                    写真展の前に選択と整理するのが大変だな。





                    ついにAmazonでKindleバージョンが発売開始されました。

                    2015.02.18 Wednesday

                    0
                      ダンシングサワロー

                      「ダンシングサワロー・電子書籍版」


                      昨年末から悪戦苦闘していた


                      電子書籍バージョンの写真集




                      が完成してオンラインで発売開始されました。


                      これは1999年に洋泉社から刊行された


                      「SABOTENMAN」の写真と新たに選んだ未掲載の写真を追加し


                      リメイクした電子書籍です。


                      制作は全く一人で行い、


                      Amazonへアップロードして世界中で販売できるのですから、


                      これまで出版したくても企画が通らず、


                      諦めていた写真集がどんどん作れるようになりました。


                      最初は慣れるまで時間がかかりましたが、


                      Kindleの書籍制作ツールを使えば


                      意外に簡単に作れたので驚きました。


                      紙の本と同じで最初の準備をきちんとしておけば


                      もっとスムーズに作れたのではと反省していますが、


                      もうひとつ絶対必要だなと感じたのは、


                      英語ですね。


                      これから勉強して間に合うのかどうか分かりませんが


                      次の本からもうすこし上手に英作文できたら


                      いいなと思っています。


                      アリゾナソノラ砂漠の巨大サボテンの


                      ユーモラスな姿を是非見てください。






                      新年早々風邪を引いたらしい。

                      2015.01.03 Saturday

                      0
                        JUGEMテーマ:写真
                         なんか今年の出だしは調子が悪い。胃はムカムカするし、微熱があるしでちっとも正月気分になれない。箱根駅伝をみて元気になろうと思ったが、途中から青学の独走になってしまったので、いまひとつ盛り上がらなかった。

                        でも青学の関係者は狂喜乱舞だろう。涙目でテレビを見つめていた人も多いはずだね。
                        気分転換に散歩でも行こうかなと思うのだけれど身体が重い。まぁ、寝正月を決め込んで
                        のんびりするしか無いか。


                        沖縄のベストビーチ30を選んでみたら、ギタリストの芹沢さんが曲を作って極上の和み映像にしてくれた。

                        2014.11.07 Friday

                        0
                          コンドイ浜4.jpg 
                          「竹富島・コンドイ浜」


                          今年はマガジンハウスから


                          「沖縄ビーチ大全505」を出版したり、


                          サンシャイン展望ギャラリーで沖縄ビーチ写真展を


                          開催したりと沖縄ビーチについての仕事が多かったので、


                          調子に乗って沖縄ビーチのベスト30を選び、


                          友人・知人に見てもらおうとpdfで送った。


                          それを見た友人のギタリストが


                          写真にピッタリの曲を作りyou tuveにアップした。


                          それが実に癒される曲なのだ。


                          「下記をクリック」



                          沖縄好きの方、そうでない方にもJUGEMテーマ:写真JUGEMテーマ:日記・一般ぜひご覧頂きたい。


                          10分間だけど過ぎ行く夏の思い出が蘇ります。

                          沖縄の美しい海とビーチのベスト30を選んでみました。

                          2014.10.26 Sunday

                          0
                            表紙2.jpg
                            「表紙は今帰仁村のサダバマ」


                            コント?イ浜.jpg
                            「竹富島の海」


                            大神港.jpg

                            「大神島の港」


                            一度は行ってみたい沖縄の海です。


                            沖縄本島から八重山まで


                            美しい海はたくさんありました。


                            この本を参考にぜひ歩いてみて下さい。

                            自販機を巡り歩いた散歩写真が電子書籍になりました。伝わるかどうか心配ですが・・・

                            2014.10.12 Sunday

                            0
                              F2DBC568-4E8D-11E4-8C30-EC01CD288735_l.jpg
                              「コインベンダー1の表紙」


                              ブログにアップしながら撮っていた自販機の写真


                              だいぶたまっていたので、


                              整理していたら電子書籍にまとめられることが判った。


                              最初は一冊にしようと考えていたが、


                              数が多くて大変なので、


                              Part1、Part2に分けてみた。


                              モノクロームにしていたので、


                              そのまま使ってみた。


                              お散歩写真だから気軽なスナップだ。


                              ブログに書いていたちょっと長めのキャプションも


                              ちょっと書き直してそのままにした。


                              当時歩きながらいろいろ文句言ったり、


                              驚いたり、感心したり事はそのままです。


                              興味のある方はぜひ立ち読みしてみて下さい。






                              熊谷聖司氏と二人で飲んだ新宿やきとん屋の夜

                              2014.10.06 Monday

                              0
                                「笑顔の熊谷聖司さん」

                                事務所の片隅に忘れ去られていた


                                8×10のポラカラー809


                                といっても判りづらいかも知れませんね。


                                簡単に言えばA4サイズぐらいのポラロイドフィルムです。


                                もう10年以上の月日が経っているので、


                                普通なら廃棄処分ですね。


                                カラーバランス、コントラスト、感度等々


                                もうすっかり崩れてしまい、


                                とても使い物になりません。


                                しかし、このフィルムが大量に残っていた訳です。


                                捨てるのは勿体ない。


                                ということで、2年前に熊谷さんに話をしたら


                                1回撮影してみようということになったのです。


                                そしてこの日の新宿ミーティング。


                                いやー、どうなるか分からないフィルムに写される風景の面白いこと。


                                二人でお互いに809で撮影した写真に見入ってしまいました。


                                これはぜひ皆さんに見て頂きたい。


                                「写るのか、写せるのか」奇妙な写真になりました。


                                写真展ぜひやりたいと思っています。

                                負けちゃったけど。

                                2014.06.16 Monday

                                0
                                  DSC_0204.jpg
                                  「サンシャインシティ60F展望台」


                                  日本代表負けちゃったから


                                  気分転換に写真展会場に来ました。


                                  日曜日のせいか親子連れが多い。


                                  日本代表のユニフォームを着ている親子はPVに行ってきたのかな。


                                  展望台からの風景見て楽しそう。






                                  写真展が始まって10日経ちましたが疲れてます。

                                  2014.06.10 Tuesday

                                  0
                                    フライヤー002.jpg
                                    「写真展フライヤーがカワイイ」



                                    写真展が始まってから10日が経った。


                                    初日と土、日の三日間は会場にいたけど、


                                    これまでになく疲れる会場だ。


                                    というのも展望台ギャラリーのためか


                                    カップル、ファミリー、外国人観光客がほとんど。


                                    こちらから写真の説明なんてとても出来る雰囲気ではありません。


                                    ただいるだけなので疲れる訳です。


                                    そういうことで


                                    会場には友人からの連絡があったときだけ行くことにしました。


                                    60階からみる東京の眺望は好きなんだけどね。



                                    サンシャイン展望台ギャラリーに一ヶ月間沖縄の海があらわれますよ。

                                    2014.05.25 Sunday

                                    0
                                      フ?ロク?用.jpg
                                      「写真は今帰仁村・サダバマ」


                                      4月に丸ノ内で開催した写真展「琉球/碧の道」が


                                      池袋サンシャインシティ60Fの展望ギャラリーで


                                      5/30日から6/29日までの一ヶ月間開催することになりました。


                                      丸ノ内では10枚の写真展示でしたが、


                                      今回は約70枚の沖縄亜熱帯ビーチの写真作品を展示します。


                                      『沖縄ビーチ大全505』で使用できなかった作品も並べます。


                                      BGMはDJ SASAさんのRYUKYU HEALING、


                                      東京の空の上に沖縄の美しい海があらわれて、


                                      音楽と写真の素晴らしい癒しの空間になるでしょう。


                                      ところで、丸ノ内での写真展で多かった質問は


                                      「海なのに道というタイトルは何故?」


                                      というものでした。


                                      答えは2年前に出した「琉球古道」に関係あるのですが、


                                      琉球王朝時代より前


                                      うちなーんちゅは隣の村と交流するより


                                      対岸の島に船を使って行っていたそうだ。


                                      あの美しい海は道としての役目があった。


                                      当時の深い森のなかを歩くよりよほど便利だったろう。


                                      そう考えると


                                      美しいビーチは他者と交流する起点となる場所といえる。


                                      昔の人々の暮らしを感じながらビーチを歩くと


                                      道として使う気持ちも判るんだ。


                                      ということで、


                                      タイトルに「道」を入れた訳です。











                                      このラーメン店には二度と行きません。

                                      2014.05.23 Friday

                                      0
                                        DSC_0121.jpg
                                        「これを客にだしますか?」


                                        空いた口が塞がらないとはこの事でしょう。


                                        何に怒っているのかと 不思議に思う方もいるかも知れません。


                                        でも、もしふらっと入った店で


                                        写真のような餃子を出されたら


                                        ちょっとイラッと来るでしょう。


                                        べちょべちょでグズグズ。


                                        おまけに皮が破れてアンが飛び出てます。


                                        これ食べかけではないのです。


                                        普通客には恥ずかしくて出せませんよ。


                                        これは丸ノ内線後楽園駅のメトロ・エムビル5階


                                        に新装開店したテナントのラーメン店「七ツ星」の餃子。


                                        店に入っても注文は取りに来ないし、


                                        やる気無さそうな店だったのでヤバいかもと思ったけど、


                                        ここまで酷いとは。


                                        もう二度と行きません。


                                        店員には金を払うけどネットに書かせてもらうと宣言して出て来ました。


                                        もし親会社があるならちゃんと研修させておけ。


                                        駄目なスタッフ雇うと酷い目にあうよ。


                                        久しぶりに怒ったな。


                                        「沖縄ビーチ大全505」のフライヤーも届きました。

                                        2014.04.14 Monday

                                        0
                                          フライヤー002.jpg
                                          「フライヤー」

                                          本のフライヤーも届きました。

                                          これから各所で配りますよ〜。

                                          沖縄ビーチファンの方ぜひご一読下さい。